ホーム > 調査研究事業 > 環境技術実証事業

PDFファイルをご覧いただくには無料配布 されているAdobe Readerが必要です。 お持ちでない方は、下のアイコンから ダウンロード して御利用ください。
adobe

環境技術実証事業

環境技術実証モデル事業(平成20年度から環境技術実証事業)は、平成15年度から環境省の新規事業として始まり、既に実用化段階にある先進的な技術について、その環境保全効果を第三者が客観的に実証し、情報公開する事業です。

その中で、自然地域トイレし尿処理技術分野は、山岳地等におけるし尿処理技術について、その実証手法・体制の確立を図り、自然地域の環境に配慮した適正なし尿処理技術の普及を促進し、環境保全と環境産業の発展を促すことを目的に設けられています。 

当教育センターでは、本実証事業開始当初から試料採取・分析等業務や実証機関(平成19〜23年度)として参加しています。

環境技術実証事業についてはこちら

最近の実証事業例

(1)実証機関業務

No. 名     称 年度
(1) 簡易尿処理技術 芙蓉パーライト(株) 平成23年
(2) バイオチップを用いたし尿処理技術 アイテックシステム(株) 平成22年
(3) オゾン併用循環式汚水処理技術 (株)オリエント・エコロジー 平成20年
(4)

土壌・活性炭処理併用循環式汚水処理技術

(株)オリエント・エコロジー

平成20年
(5) オゾン併用沈殿分離・接触ばっ気循環技術 ネポン(株) 平成19年

(2)試料採取・分析等業務

No. 名     称 年度
(1) 実証機関NPO法人山のECHO
水循環式バイオ水洗トイレ (株)ミッシング
平成24年
(2)

実証機関秩父市
空気自然活用型汚水処理装置(循環利用型)

(株)豊南コーポレーション

平成19〜20年
(3)

実証機関NPO法人山のECHO

流量調整機能付膜処理によるトイレ排水の再利用技術

ニッコー(株)

平成18〜19年
(4) 実証機関NPO法人山のECHO
排水再利用処理装置(無放流型) 永和国土環境(株)
平成18年

調査・研究グループ  Tel:03-3635-4885 Fax:03-3635-4886

E-mail:chohsa@jeces.or.jp

ページトップへ