ホーム > 調査研究事業 > 機能調査・技術支援

PDFファイルをご覧いただくには無料配布 されているAdobe Readerが必要です。 お持ちでない方は、下のアイコンから ダウンロード して御利用ください。
adobe

機能調査・技術支援

(1)し尿処理施設及びコミニュティ・プラント 精密機能検査

 し尿処理施設及びコミニュティ・プラントの管理者は、その機能保全のために通常の保守点検のほか、定期的に施設の処理機能や設備・装置の状況に関する精密な検査が必要とされています(廃棄物処理法により、精密機能検査は3年に1回以上)。 当センターでは、精密機能検査により「現状の把握」、「現状の評価」から「改善案の提案」にいたるまでの業務を行っています。

1. し尿処理施設精密機能検査:36施設

No. 名     称 年度
(1) 箱根町清掃第2プラント 神奈川県箱根町 平成15年
(2) 野田市第二清掃工場 千葉県野田市 平成13年
(3) 新潟市東清掃センター 新潟県新潟市 平成13年
(4) 御殿場・小山町広域行政組合衛生センター 静岡県御殿場市・小山町広域行政組合 平成12年
(5) 荒川南部環境センター 埼玉県荒川南部環境衛生一部事務組合 平成12年

2. コミュニティ・プラント精密機能検査:17施設

No. 名     称 年度
(1) 前橋市城南住宅団地排水処理施設 群馬県前橋市 平成15年
(2) 前橋市萱野住宅団地排水処理施設 群馬県前橋市 平成14年
(3) 宮古市西ヶ丘団地汚水処理施設 岩手県宮古市 平成7年
(4) 木更津市東清団地汚水処理場 千葉県木更津市 平成6年
(5) 富山市地域し尿処理施設熊野団地 富山県富山市 平成5年

3. 実地調査

 国庫補助対象とされる浄化槽は「全国浄化槽推進市町村協議会」に登録されています。登録された浄化槽は設置場所における実地調査を行うことにより、その浄化槽が実際に現場において期待された性能が発揮されているか確認されています。
 当センターでは、この実地調査業務を受託し、各都道府県の指定検査機関の協力により、本業務を行っています

既往の実績 (平成12〜20年度)2,266基   性能評価型1,596基  構造例示型670基

4. 技術支援

排水処理施設の運転・改善方法の検討等、処理技術に関する技術支援業務を行っています。また、国及びJICA(国際協力機構)のプロジェクトに協力し、諸外国への生活排水処理に関する啓蒙・啓発に関する協力及び処理技術等に関する支援も行っています。

調査・研究グループ  Tel:03-3635-4885 Fax:03-3635-4886

E-mail:chohsa@jeces.or.jp

ページトップへ